INTERVIEW

「蜃気楼」

2018.06.05 UPDATED

M2「蜃気楼」

 

“蜃気楼”は、夢を追いかけてる友達のことを思い浮かべながら書いた曲。夢を実現するために頑張ってる人たちって、自分のことを誇りに思いつつも、安定してる友達とか同級生を見て、ときに恥ずかしさを隠したり、「楽しいよ」「うまくやってるよ」って言わなきゃいけなかったりする。

 

自分がどの位置にいるのか、「あの人より下だ」とか、そういう指標って本来はいらないもので。サビの<蜃気楼の向こうにはあの夏>という言葉は、上下とかがなかった、原っぱで駆け抜けてた日々を思い返している様子。そこに戻ることはできないけど、そういうふうに自分を解放したいですよね。

 

2曲目「蜃気楼」

#キミノオルフェ #君が息を吸い僕がそれを吐いて #全曲解説 #歌詞